社会人 看護師

年上の新人看護師ってどう?…という不安を持つあなたへ

社会人経験者の新人看護師の悩み

 

社会人から看護師に転職した人は、看護師独特の世界や人間関係になかなか馴染めずにしんどい思いをすることもあるようです。看護師新人教育に力を入れている病院に就職したとはいえ、自分が配属された部署にうまく馴染むことが出来なかったら意味がありませんから…。特に年齢層が低い看護師が大半を占めるような病院に30代前後になってから就職すると、自分の指導係にあたる看護師が自分よりも5歳以上若くなる可能性が高くなります。自分も戸惑うけれど、向こうも気を遣っているのが伝わってきて微妙な関係になってしまったり…。だからと言ってあまりにもきつい言葉をかけられると、プライドが傷つくし…(笑)でもこの悩みは、自分が独り立ちするまではどんな職場にいてもぶつかること。そんな厳しい看護師の世界で、これまでの経験を糧に頑張っている「転職経験ありの先輩」だってたくさんいます。

 

社会人経験者だから出来る職場での人間関係

 

社会人経験を経て看護師に転職した人にはそれなりの苦労もありますが、新しい職場での人間関係づくりにこれまでの経験が活かせる部分もたくさんあります。看護師にとって一番大切なことはやはり、患者さんとの信頼関係。若い看護師さんからは元気をいっぱいもらえるけれど、人生経験が豊富な看護師さんのほうが安心してお話が出来ると感じる患者さんって結構多いですよ!あと先生たちからも、落ち着いた態度でコミュニケーションが取れる看護師さんって人気があります。年下の先輩との関係づくりははじめは難しいかもしれませんが、下手に新しい職場で親しくなるコミュニケーション術をマニュアル通りにやってみるよりも、真剣に仕事に取り組んでいるうちに良い関係が出来て行くものと割きってしまう方が自然体でいられそうですね。

 

社会人から看護師への求職・転職/好条件求人への道/TOP


ホーム RSS購読 サイトマップ