社会人 看護師になるには

社会人が看護師になって活躍しやすい職場

社会人が看護師になるのは大変

社会人が看護師になるには、また一から勉強し直さないといけないということがあります。これが非常に難しいことです。そして、金銭的にも学費等でかなりのお金が必要です。もちろん、学生になりますので学生である間に生活するためのお金も必要ですね。
こういったことをクリアして初めて看護師になるための準備が完了するのです。そして、その後は実際に授業についていくことが大変です。勉強もそうですが、一緒に学んでいる人は年下が圧倒的に多く、そういった面でも疲れてしまう可能性があります。そして、実際に現場の実習に行った際にも、やはり慣れるまでに時間がかかってしまったりします。卒業できるかどうかも非常に厳しいものなのです。

社会人が看護師になって活躍しやすい場所

人によって違いはありますが、病棟よりもオペ室や救急外来の方が活躍しやすいように思います。というのが、看護師の職場の中でもサバサバとした部署ですので、仕事に集中しやすいということが言えます。看護師の場合は人間関係にも気を配らなくてはいけないので、仕事以外にも大変なことが多いです。それが少しでも軽減される職場で勤務する方が、社会人から看護師になった人には向いていると思います。
また、医療よりも介護の方面に進むのも1つの方法です。もちろん、病院での経験を最初に積んだ方がいいですが、施設併設型の病院などで勤務をすれば、数年後に施設に異動させてもらえる可能性があります。病院だけが看護師の職場ではなくなってきていますので、選択肢は豊富です。


ホーム RSS購読 サイトマップ