社会人 看護師 転職

現役看護師の多くが転職経験者

資格取得者がかなりの数に昇っていながら、実際の医療の現場では慢性的な人材不足となっている看護師。

 

看護師の資格を得ている多くの人は、1度は医療の現場で働きながらも、数年すると辞めてしまう人が多い事が特徴として挙げられます。
辞めないまでも、違う医療施設に転職するなどして、1か所に留まらない事も特徴となっています。

 

なぜ、看護師は1つの医療施設に留まらないのでしょうか?

 

それは、看護師という職業が、1つの医療施設に留まり続けても給料が一向に上がらないシステムになっているからです。
そのため、多く看護師は転職を繰り返して、より良い収入と環境を求め続けるのです。

 

看護師のニーズは高い

転職する事で待遇の良い職場へと移り変わって行く看護師。
看護師の転職率は非常に高く、6回以上の転職を経験している人は非常に多くいます。

 

ただ看護師という職業は、転職したいと考えたからと言って、そう簡単に転職出来るものなのでしょうか?

 

すでに述べたように、看護師が慢性的に不足しているのが、現在の日本の医療の世界の現実です。
そのため、看護師のニーズは高く、しっかりとした経験があれば、日本全国のどこの医療施設でも雇ってもらう事が出来るのです。

 

こういった事情から、看護師の転職率は常に高くなっているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ